生活・お役立ち

ママになるために予習しておこう、子育てで大変なことまとめ


初めて妊娠をしたときに

「赤ちゃんとの生活って
どんなかんじだろう?」

と、毎日想像してしまいますよね。

街ですれ違う赤ちゃん連れの家族を見ると、
なんだかわくわくドキドキしますよね。

とりきち
子育て、何が大変か!?

何もかも未知です。

みんな幸せそうに見えるけど、
実際どんなことが大変なのでしょう?

ちょっとだけ予習しちゃいましょう。


赤ちゃん時代の大変なこととは?

まず第一に、
想像通りかもしれませんが、
睡眠が十分に取れないことです。

「赤ちゃんは3時間ごとに授乳します」
のような育児マニュアルがありますが、

実際は3時間なんて持たないことも多いです。

夜中は赤ちゃんが起きたら、
授乳して、寝かしつけするのに

抱っこでゆらゆら15分以上、
そして寝たと思ったら、
今度はなかなか布団に置けない。

やっと寝たころには、
授乳で起きてから1時間経過している。

ママの眠りについたら
今度は2時間未満で
赤ちゃんが泣き出す。

これの繰り返しです。

魔の3週目

そして「魔の3週目」
というのが存在するのです。

なぜか生後3週目に入ると、
泣きまくりで、なにをしても
泣き止みませんでした。

これは、赤ちゃんの成長に
関係するのだそうです。

今までほとんどなかった視力が
3週目くらいになると、
急に見えるようになり

いきなり大草原に
置いてきぼりになったような
感覚になり、とても怖いのだとか。

はじめはつらいですが
3ヶ月くらいたつと
ママが寝不足になれてきます。

もちろんこれは個人差がありますが、
眠れないことや自分の時間が持てないことに
慣れてくるんですよね。

赤ちゃんによっては、
夜泣きがひどい場合があります。

泣き続ける赤ちゃんを
ずっと抱っこして夜を過ごすのは
それはもう永遠に感じました。


自分の時間がなくなるストレス

赤ちゃんの頃はご飯を
食べる時間さえもなくなり

片手で抱っこ、片手で
おにぎりなんて経験も
するかもしれません。

パパでもダメな時期があって
ちょっと預けただけでも
ギャン泣き!なんて時期もきました。

特に第1子は、お昼寝は
ずっと抱っこしていないといけない

という子がまわりにも多く
みんな抱っこしていました。

そうすると家事もできないし
夕飯の準備も、
お出かけの準備も、

「なにもできないー!」なんて日も。

今だけ今だけと思っていても、
こちらも人間なので、
辛くなるときもあります。

たとえば、洗濯物をしたくても
途中で赤ちゃんが泣けば抱っこして

様子を見てまた再開して・・・

一日中、何も達成感を
感じられないのです。

あれもこれも終わらないのです。
これって結構もどかしかったですね。

そして、話の通じない
赤ちゃんと過ごしているので
ふと人と話したいなぁと思うことも。

久しぶりに友達と会うと
めちゃくちゃ楽しいです。

なにより私は、一人目だと
その「何もできない一日」を

旦那がわかってくれない
ことが辛かったです。

自分の時間がないと
ボヤく私に向かって旦那が

「なぜ1日寝ている赤ちゃんと
過ごすのがそんなに大変なのか?」

と真剣に聞いてきたことがありました。

そんな旦那も1年2年と
ゆっくりではありますが、

だんだん、お父さんに
なっていくので、大丈夫です。

そして「洗濯物を畳まなくても、
掃除機がかけられなくても、
死ぬわけじゃない」

と諦めも必要です。

小さな小さな赤ちゃんを
両手で抱っこしてあげられる時間は
とてもとても短いです。

すぐに
「あんな小さな頃もあったなぁ」

なんて他の赤ちゃんを見て
懐かしく思う日がきてしまいます。

ですので、この時期を大切にしてほしいです。

家事なんて手抜きで大丈夫ですから。


子育てで大変なときに、無理をしないことが大事

最近は、地域の人との
コミュニケーションの薄くなり

核家族が増え、やはり母親の育児の
負担が増えているのが現状です。

だからといって
なんでも自分一人で抱えてはいけません。

辛いとき、いえ、辛くなる前に、
息抜きをして欲しいです。

自分の両親が近くに住んでいれば
少しの間見ててもらって

買い物にいくのも良いですし
子育て支援センターに出向くのも良いでしょう。

子育てに悩んだら、
無料で相談できるところが
今は充実しています。

そういうところを大いに活用して
孤独にならないでほしいと思います。

私は2人の子育てに
毎日追われていた時期に

自分の母親と買い物に出かけ、
母に子供を見ていてもらい、

子供と少しの時間離れて
1人で歩いたのですが

「常に子供に気を遣いながら外を歩くこと」
から開放された時間が

とても貴重に感じました。

それと同時に自分が
切羽詰っていたことに気づきました。

それからは、あまり無理せずに
子育てしようと思いました。

母親である自分が
笑顔でいられることは

子供にとってもよい影響なので
自分自身を大切にすることも

子育てで重要だ、ということを
忘れないでいてください。


まとめ

子育ては実際、何歳に
なっても大変だと思います。

大きくなってくれば、
楽になる部分も出てきますが
他のところが大変になっていくものです。

何年たっても子育ては
永遠のテーマであり、
正解のない問題ばかり。

自分を犠牲にしすぎることはないですが、
一瞬一瞬を大切にしてください。

大変だと思ったら声をあげていいのです。
一緒に頑張りましょう。


-生活・お役立ち

Copyright© ワイドパッケージ , 2020 All Rights Reserved.