スポーツ

中村亮土がイケメン!結婚した嫁や子供が可愛い!出身高校や大学どこ?




新しい元号となった今年は

ラグビーワールドカップ2019が

日本で開催されますね。

 

桜のエンブレムを胸に

日本代表がどんなプレーを

見せてくれるのか

楽しみにしている人も多いと思います。

 

そんなラグビー界の

気になるイケメン選手

サントリーサンゴリアス所属の

中村亮土選手をご紹介します!

・中村亮土選手とは?
・中村亮土選手の結婚した嫁や子供が可愛い!
・中村亮土選手の出身高校や大学はどこ?
・中村亮土選手のプレーのこだわり

について、まとめました。

 

記事の後半には、中村選手の動画

載せています。ぜひご覧ください!


イケメンラガーマン 中村亮土選手とは?

イケメンラガーマンは有名な

五郎丸選手だけではありません。

 

中村亮土選手もガッチリとした体に

キリっとした顔のイケメン選手ですよ。

中村選手のプロフィールをご紹介

名前:中村 亮土 (なかむら りょうと)
愛称:りょうと
生年月日:1991年6月3日(28歳)
出身:鹿児島県 鹿児島市
身長:180cm
体重:95kg
足のサイズ:29.0cm
ポジション:センター及びスタンドオフ
所属先:サントリーラグビー部「サントリーサンゴリアス」

いつからラグビーを始めたの?

中村亮土選手がラグビーを

始めたのは

高校1年生だそうです。

もっと小さい頃からかと思いましたが

意外ですね。

 

ラグビー好きのお父様は

子供のころから

ラグビーをさせたかったそうですが

鹿児島には、ラグビーのチームが少なく

積極的にできる環境ではなかったため

幼稚園から中学3年生までは

サッカーをしていたそうです。

 

高校から新しいスポーツを始めることは

スポーツ選手としては

遅めのスタートですが、

地域によってラグビーチームが少ないことから

高校からラグビーを始める人は多いようです。

 

中村選手にとって

小さい頃からのサッカー経験が

持久力や強いキック力に繋がり

ラグビーにも活かされているのかもしれませんね。

性格は?

子供のころから

テレビゲームは自分が勝つまで止めない

という超負けず嫌いだったそうです。

 

さらに、マイナスの事は一切考えない!

という前向き思考の持ち主のようです。

 

スポーツマンに必要な

気の強さと諦めない気持ちを

子供のころから持っていたんですね。

 

素晴らしいメンタル!

きっとこのメンタルの強さが

ラグビーに活かされているのだと思います。

スポンサーリンク


中村亮土選手の結婚した嫁や子供が可愛い!

キリっとした顔の中村亮土選手ですが

インタビューなどでは、目元が柔らかくなり

優しい笑顔が印象的です。

 

実はすでにご結婚されていて

美人のお嫁さんと

可愛い子供さんがいる

パパさんです。

 

奥様のお名前は恭子さん

お子さんのお名前は美藍(みらん)ちゃん

です。

 

中村選手は

以前インタビューで

「娘と一緒にいるとすごく癒されます。」

と答えられています。

 

温かい雰囲気が伝わってくる

素敵なご家族ですね。

家族の存在がきっと大きなパワーと

なっているのだと思います。


中村亮土選手の出身高校や大学はどこ?

中村亮土選手は中学時代までは

サッカーされていましたが

その後、鹿児島実業高校に入学し

ラグビーを始めました。

 

高校卒業後は

ラグビーの名門・帝京大学に進んでいます。

どちらも運動部が盛んな名門校ですね。

高校や大学での実績は?

鹿児島実業高校では

入学後すぐレギュラーになり

2年と3年の時に

全国大会に出場しています。

 

ラガーマンの憧れ

聖地とも言える花園を2回

経験されています!

スゴイですね。

 

帝京大学に入学後

全国からラグビーの猛者たちが

集まる中で、すでに1年生の対抗戦から

好プレーを連発していたようです。

 

大学3年生の時、

初めて代表に選ばれ、

大学4年生の時には

アジア5か国対抗戦のUAE代表戦で

初キャップを取得しています。

 

そして、さらに素晴らしいことに

帝京大学時代には主将として

史上初大学選手権5連覇

達成されています。

スポンサーリンク


中村亮土選手のプレーのこだわり

中村選手のプレーのこだわりは

タックルです。

 

輝かしい実績を持つ中村選手ですが、

帝京大学入学前の新入部員だけの練習では

「自分が一番下手」だと感じたそうです。

 

高校生で2回も全国大会に出場した自信は、

軽めの練習をしただけで打ち砕かれ

挫折を味わったそうです。

 

しかし、帝京大学1年生の時

ボールを持って仕掛けてきた

相手チームの絶対的司令塔に

無我夢中でタックル突き刺し

仰向けに倒したことから

タックルに確かな自信と生きる道

を強く感じたそうです。

 

その後、中村選手は

タックルを中心とした練習の虫となり

誰よりも泥臭く努力を積んで

周囲からも信頼される選手へと

成長したのでしょう。

 

ラグビーを始めたころから

足が速いわけでもない

身長が高いわけでもない

アタックが得意でもない

でもタックルが好きだったそうです。

 

きっと、その自分の気持ちにぶれないように

戦ってきたのだと思います。

スポンサーリンク


中村選手のかっこいい動画紹介


まとめ

中村選手のお名前には

亮土という「」という字が使われています。

 

ご両親が

大地のように力強く育ってほしい

願いを込め付けられたそうですよ。

名は体を表すと言われますが、

中村選手のイメージにピッタリですよね?

 

ぜひワールドカップでは

その逞しい体を使った

力強いタックルが見たいですね!


-スポーツ

Copyright© ワイドパッケージ , 2020 All Rights Reserved.