生活・お役立ち

新婚生活に家事分担は必要不可欠【夫婦の協力】感謝の言葉がポイント


結婚して一緒に住み始めて
幸せの気持ちのまま時間が経ち、

「あれ?家事しているの私ばっかりじゃない?」

と思った方いらっしゃいますよね?

私も同じです。こういった方非常に多いと思います。
そしてそれは危険信号です!!

実は、結婚後に2人での生活が上手くいかなくなって、

些細な喧嘩が増える原因は
「家事の分担について」が一番多いのです。

とりきち
家事の分担は大事!

夫婦のうち片方が家に入る場合は
ともかく共働きの夫婦であれば尚更です。

2人の家事の量に差がついてしまうと
不満が出やすくなってしまいますよね?

今回は喧嘩を減らす
家事分担方法についてお話ししていきます。


世間ではどうなの?

(画像1)

最近では、家事メンやイクメンなど
夫が家事専業をする「主夫」と
いった言葉をよく聞くようになってきました。

昔に比べ「家事は女性がやるもの」といった
概念がなくなってきているように思えます。

しかし、中にはまだそういった
考え方の男性もみえるのはもちろんのこと
社会的にも女性は家事をしっかりやらなければならない!

というのがまだまだ根付いているのが現状です。

共働きなのに旦那が家事を手伝ってくれない!
という悩みを抱えている人は多いようです。

実際に男性が担当している家事で多いのは、
ゴミ出しやお風呂掃除が多いようです。

私のところもそうです(笑)

その他、料理、洗濯、掃除等は
女性がする方が多いですよね?

これは一例であって、共働きなのか
共働きであってもパートなのかフルタイムなのか、
専業主婦なのかで変わってくるようです。

夫婦によっても違いがありますが、
家事分担のコツはどのようなものがあるのでしょうか?


お互い助けあいましょう

新婚生活を始める前にきちんと
家事分担決めているカップルもいますが、

なかなか「分担しよう」と
言い出せない人の方がほとんどです。

家事分担を決めても上手くいけばいいのですが、
どちらかが疎かになってしまったりすると
不満がどうしても溜まってしまいますよね。

また、自分の担当じゃないから手伝わない!
など喧嘩の原因になってしまうことも多いそうです。

それではせっかく家事分担したのに
意味がなくなってしまうので、いっその事、
家事を分担するという概念を捨てましょう!

「それでは結局私ばっかりなのでは?」
と思った方!それは違います。

「●●して」と言うのと「●●を一緒にやろう」は
モチベーションが違いますよね?

この方法を使って男性の方にも
協力するようにお願いするのです。

お休みの日などに「一緒に料理作ろう!」や
「洗濯一緒にやらない?」などと誘ってみましょう。

同じことを教えながらすると、
やり方を覚えてくれて次に活かせます。

仲も深まり一石二鳥です!

終わった後は必ず、
「お疲れ様」
「ありがとう」
の言葉は忘れずに!

「ありがとう」と言われて
嫌な気持ちになる人はいません。

お互いをねぎらいましょう。

お互いにできる事はやる、
一緒にやるようにしておくことで、

仕事が忙しい時や育児が大変な時も
お互い助け合いながらできるようになります。

分担ではなく何事も一緒に
取り組めるようにしていきたいですね。


感謝の言葉は忘れずに

先ほども少しお話ししたように
「お疲れ様」
「ありがとう」
の言葉は非常に大事です。

男性の中にはもしかしたら
嫌いや家事を手伝っている方も
みえるかもしれません。

しかし、
「ありがとう」
「さすがだね」
など褒められて
嫌な気持ちになる人はいません。

むしろもう少しお手伝いしようかな?
と思ってくれる場合もあります。

男性のやる気が格段にアップするのです!

そうしている内に、積極的に家事を
してくれるようになるかもしれません。


嫌な気持ちにさせない

家事を分担するにあたって
もう一つ大切なことがあります。

それは、相手を嫌な気持ちに
させない(文句を言わない)です。

男性の方の中には料理や洗濯、
掃除などあまりやってこなかった方も
いらっしゃるかもしれません。

一緒に暮らして家事をするようになって
初めて学ぶこともあるかもしれません。

そんな中、せっかく家事の
手伝いをしてくれたのに

「干し方違うじゃん」
「もっとこうしてよ」

など愚痴っぽくなってしまうと
向こうもせっかく手伝ったのに・・。
と思うかもしれません。

そうならないためにも自分の
こだわりが強いことは自分でやるようにしたり、
少し言い方を考えたりすると良いかもしれませんね。


まとめ

価値観の違う2人が一緒に
暮らすとなるとぶつかる事も
しばしばあると思います。

今回は家事について
お話ししていきましたが、

家事のこと関係なく感謝の気持ちを
伝えるのはとても大事な事です。

ちょっとした事でも
「ありがとう」「お疲れ様」と
言えるようになりたいものですね。

あとはお互い頑張りすぎず、協力しあって
2人にあった家事分担をしていきましょう。

完璧じゃなくてもいいのです。

家事が完璧じゃなくても
許しあえる緩さを持つ事も大事です。
夫婦円満を目指していきましょう!


-生活・お役立ち

Copyright© ワイドパッケージ , 2020 All Rights Reserved.