男性有名人

清水省吾が元嫁ハルマンにDV報道!妻の顔画像と証拠の音声アリ!元嫁ハルマンは鬼嫁だった?


清水省吾さんといえば、アイフルのCMチワワのくーちゃんで一躍有名になった人物ですよね!

そんな清水省吾さんが、40年連れ添った元嫁ハルマンさんに対しDVをしていたとして、とても話題になっています。

40年という長い間、ずっと暴力を振るい続けていたということになるのでしょうか?

見た目は優しそうな人柄なだけに驚きを隠せません!

今回は清水省吾さんのDV報道について真相を探っていきたいとおもいます。

元妻マルハンさんの顔画像や証拠音声についてもまとめてみました。

清水省吾さんの子供が監禁されていたって本当なのでしょうか?


清水省吾が元嫁ハルマンにDV報道!

かわいいチワワの姿に、しかめっ面のお父さんの目が釘付けに――2002年から放映されたアイフルのCMへの出演を機に、俳優・清水章吾(76)はブレイクを果たした。だが私生活では、40年の長きに亘り、妻と娘に暴虐の限りを尽くしていたという。

清水本人は、週刊新潮の取材に、念書を書いたことは認めつつも、ふるったのは「言葉の暴力です」と説明。絹子さんへの暴力は「大人になるためにやったこと」などとコメントしている。

引用:https://www.dailyshincho.jp/article/2019/12241659/?all=1&page=1

 


元嫁ハルマンの顔画像!

 

この投稿をInstagramで見る

 

この『パラダイス界曼陀羅』は、国宝妻沼聖天山に収蔵されています^ - ^

Haruman Shimizu(@harumanshimizu)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

今は亡き友、鈴木マサハル先生との思い出^ - ^

Haruman Shimizu(@harumanshimizu)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

今は亡き友との大切なima展の思い出^ - ^

Haruman Shimizu(@harumanshimizu)がシェアした投稿 -

清水省吾さんとは1980年に結婚しますが、2019年11月8日に離婚しました。

2019年12月には清水ハルマンからハルマンに変わったことを報告しております。

「おはようございます。わたし事ですが、雅号が清水ハルマンから『ハルマン』に変わりましたのでお知らせいたします。『パラダイス界』をもっともっと精進してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。」

ハルマンさんは、元モデルで現在は画家として活躍していらっしゃるようですね。


清水省吾DV証拠の音声アリ!

デイリー身長のスクープ音声動画で、清水省吾さんのDV証拠の音声がアップされました!

清水「 なんだこの野郎」

ハルマン「なんだとはなんだ」

……暴れだした清水を止めた娘の顔を殴り警察沙汰に

娘「やめやめやめちょっと警察呼んでくる」

清水「ぶっ殺すぞ」

娘「おいちょっと待て!」

清水「なんだこの野郎」

娘「やめろ!」

ハルマン「110番通報するから」

清水「何言ってんだ、この馬鹿野郎!家族だろ」

娘「使わないでしょ、ママに対して!」

清水「じゃ俺にたいして何言ってもいいのかよ!!旦那としてなにも尊敬もしてねぇじゃえか」「家族じゃないのかよ、うちらは家族じゃないのかよ」

娘「ちょっとまってもう!」

清水「みんなのうちじゃないみたいじゃないか」

ハルマン「110番通報するわ」

といった音声動画の内容になっています。

これは約3年前の音声動画で、これ以降も清水省吾さんの妻に対する暴力がおさまることはなく離婚することになります。

40年間暴力を振るっていたという報道でしたが、これを間近で見せられている娘さんも被害者ですし、ハルマンさんも娘さんをつれてもっと早くに家を出ればよかったのに…。

家を出られない、暴力を振るわても清水さんと離れられない事情がなにかあったのでしょうか。


清水省吾のプロフィール

名前は「清水省吾」と書いて「しみずしょうご」と読みます。

生年月日は1943年2月15日で現在は76歳です。

出生地は東京都港区です。

身長は174cm、血液型はA型です。

元妻ハルマンさんとの間には養子の桑原絹さんと、実子の清水響美さんがいます。

桑原絹さんはハルマンさんの連れ子だったようですね!

桑原絹さんはこんなツイートをしていました。

長い間苦しんできたのでしょうか。

なんでも、清水さんは養子である桑原絹さんと実子の清水響美さんを露骨に差別していたんだとか。

週刊新潮の記事の一部分です。

元モデルで父親がドイツ人のハルマンさん(69)と清水が結婚したのは、1980年。ハルマンさんには当時5歳の連れ子、絹子さん(45)がおり、結婚後に彼女と養子縁組をすることになった。ところが後に生まれた実の娘とは、露骨に差別してきたというのだ。

当の絹子さんが涙ながらに振り返る。
「私以外の家族はテーブルでご飯を食べているのに、私は床でゴミを食べさせられていました。髪の毛も根元から切られてしまい、髪型は常に男のように短くボロボロでした」

絹子さんの額には今も、清水から学習机の引き出しで殴られた際の傷跡が残る。中学3年生の時は、自殺未遂も起こしたという。

絹子さんのみならず、妻のハルマンさんも清水のターゲットだった。2019年11月8日に離婚が成立したものの、現在も清水は家から出ていかないため、母娘は部屋に鍵をかけて震えながら暮らしているという。

「家族がテーブルで食事をしているなか、私は床でゴミを食べさせられていた」

これが本当だとすれば、とんでもない毒親ですよね。

差別もこえて、虐待の域ではないでしょうか…。

母親であるならばハルマンさんも早めに離婚して子供を守るべきだったと思います


元嫁ハルマンは鬼嫁だった?

ハルマンさんは鬼嫁として有名だったようですね!

  • 清水省吾の仕事が大変な時にもパンツを洗わせる
  • ハルマンさんの料理をつくるのは省吾さん
  • ハルマンは家事はできるがやらない
  • 省吾さんは朝ごはんに愛犬のビスケットを頬張る
  • 調光蛍光灯をマックスにすると怒られる
  • 買い物に行くときは必要な金額を預かって、レシートを添えてお釣りを返す

など調べてみるとたくさんの鬼嫁エピソードがずらり。

旦那は暴力を振るうけど、嫁も強いとはw

40年間、旦那のDVに耐えてこれたのはハルマンさんが強者だったからのでしょうかね(^-^;

まとめ

清水省吾さんが元妻ハルマンに対してDV報道が出ましたが、証拠となる音声も出ているのでさすがにアウトかもしれませんね。。

養子である桑原絹さんの告発から発覚したとのことで、絹さんも長年に渡って苦労してきたのかもしれません。

これが事実ならば今後の仕事に影響することは避けられないでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました


-男性有名人

Copyright© ワイドパッケージ , 2020 All Rights Reserved.