生活・お役立ち

旦那がスマホゲームばかりで育児をしない!旦那のスマホ依存は改善できる?


旦那さんがスマホゲームばかりに夢中で、育児に協力してくれない!と悩むママさんもきっと多いかと思います。

仕事から帰れば子供よりもスマホ、休みの日に何をするかと思えばやっぱりスマホ、、、

あんたの子供はスマホか!と言いたくなるほど、携帯と常ににらめっこ状態の旦那。

子供のお世話よりもスマホに依存してしまう旦那はいったいどうすれば改善できるのか。

今回は旦那のスマホ依存は改善する方法はあるのかしらべてみました!!


スマホに依存する旦那の事態

旦那のスマホ依存に悩む人はこんなにいます!

私が風呂の間は旦那が我が子をみてるんだけど録画の子供番組見せて自分はスマホゲームですか?これから寝るんだよ?なのにダンスしてる曲流れたら動き回るよね・そのあと寝られるわけないよね?ほんとバカじゃないの

その頭飾りなのかよクソが

とりきち
あ~いますよね。子供にはビデオをみせとけば育児をした気になってる旦那さん。ビデオ見せるのは育児でも何でもないし、父親じゃなくてもできますよーーーーーってね

旦那さんに限ったことではないかもしれないけど、前にみた家族でお父さんがずっとスマホゲームしえて子供のこと見てるのお母さんで、話しかけてもスマホ見ながら生返事してる人見たことある。おまっ・・・・って見てて思ったわ。

とりきち
完全に 子供<スマホ になっちゃってますよね。。お母さんがいるから安心してるんでしょうけど、違うでしょ、あなたの子供でしょと言いたい

旦那は高卒、30代後半で父になった。パチンコやめないしスマホゲームやめない。でも趣味に費やす時間は明らかに減ってるし、育児も普通にする。学歴や年齢で育児の参加率が変わるかもしれない。でもうちは旦那が積極的に事関わろうとしてるからやめてくれとは言わない。

とりきち
スマホゲームはしつつも、育児に協力的な旦那さんもいるようですね!しっかり子供と向き合ってくれるなら別にスマホゲームを趣味でやってくれもいいですよね!育児をしてくれるなら!!!

「洗い物しておくからお風呂はいっていいよ」って旦那さん。

お風呂から上がってきたら…寝ている部美ちゃんの横でスマホゲームしてる。。。荒い物はそのまま。

結局私が洗う。自分で言ったことくらいやってほしいな

とりきち
優しさで言ったというよりも、スマホをやる時間を作りたかったのでしょうかね。やらないなら最初から言わないでほしい。言われないのもむかつくけどw

スマホ離婚って知ってる!?

最近では「スマホ離婚」というものが増えつつあるんだとか。

スマホ離婚というのは、言葉のとおりパートナーのスマホのやりすぎが原因で離婚に発展してしまうことです。

そりゃそうですよね。

子供も自分も放置で、四六時中スマホばかりやられたら嫌気がさすのは当然ですから、離婚にまで発展してしまっても不思議ではありません。

育児に協力してくれない旦那では在ればなおさら、あなたがいなくても生きていけるわ。ってなりますもん。

そもそもスマホ離婚といってもパターンがあって

  • 相手がスマホばかり夢中になることで、嫌気がさし離婚を切り出すパターン
  • 家族のことを偽性にしてまでスマホをいじりまくる相手の姿を見て、信用できなくなるパターン

これらのパターンがほとんどなんだとか。

スマホゲームだと思ってたら、知らない女性と浮気していたことが発覚…なんてことも。

スマホ依存になっている人の多くの場合は、自分で気づかない人がほとんどで多くの人は自覚がないと言われています。


スマホ依存度チェック!

次の内容が多く当てはまる旦那さんはスマホ依存の可能性が高いかも!?

  • 一日中ゲームばかりしている
  • ゲームをしえいると生き生きしている
  • ゲームを我慢するとイライラする
  • 早朝までゲームをし明け方に寝る
  • ゲームをするために家事をしなくなった

どうですか?すべて当てはまったという人は要チェック!

一日に2~3時間以上スマホに向き合っている人も要注意らしいですよー


旦那のスマホ依存を治すためにために私がやったこと

私の旦那もスマホ依存です。

育児のイの字もしてくれません。しいていうなら、子供用のビデオを録画しておいてくれるくらい。

それだけで育児をした気になっているんですから、呆れものです。

そんな旦那に嫌気がさした私が、改善しようとためしたのが次の3つです。

  • 携帯をいじらない時間をつくること
  • 具体的になにをしてほしいか指示すること
  • 離婚を考えていると素直に伝えること

大まかですが、この三つを試した結果、スマホ依存が徐々に改善していき旦那も育児に協力してくれるようになりました。

携帯をいじらない時間をつくること

携帯をいじらない時間を一時間でも2時間でも約束の時間としてつくることで、育児に積極的に関わってもらいます。

お世話をしなくてもいいから、子供とちゃんと向き合ってくれるだけもいいのです。

スマホをいじらない時間を作ったおかげで、子供も父親とコミュニケーションをとる時間が増えて今ではパパ大好き人間です。

具体的に何をしてほしいか伝えること

例えば、旦那に「お風呂にはいってくるから、子供の面倒みてて」と伝えたとします。

ですが、父親は普段から積極的に育児に携わっているわけじゃないので具体的になにをしていいかわからないようです。

だから私は「お風呂にはいってくるから、子供にご飯たべさせてオムツかえといてね。あ、あと携帯は私がお風呂から上がるまではいじらないでね!」と伝えるようにしました。

そうしたら、旦那も素直にやってくれるようになりました。

ま、隠れて携帯いじってるのはバレバレなんですけどねw

お世話ありきなら全然OKにしてます!

離婚を考えていると素直に伝えること

本当に嫌気が差した時は、迷わず離婚を考えていることを伝えます。

本当に離婚を考えてはいなかったですが、危機感を与えるためにもこれは効果的でした。

次の日、別人かと思うくらい人がかわりましたからね。「離婚」というキーワードにはとても敏感なようですw

あくまでこれはうちの体験談ですから、すべての方に通用するわけではないのでご注意を!


まとめ

スマホ依存になっている人の多くは自分で自覚していない人がほとんどです。

旦那のスマホ依存を改善するためには、自覚してもらうことはもちろんですが、家族の協力も必要な場合もあるということです。

育児の大変さを父親に理解してもらうことも、スマホゲームをやめさせるひとつの方法かもしれませんね!

ここまで読んでいただきありがとうございました


-生活・お役立ち

Copyright© ワイドパッケージ , 2020 All Rights Reserved.