ニュース

八戸市の殺人未遂の犯人14歳男子中学生の中学校は?名前や顔画像・動機やTwitter特定は?被害者小学生の小学校や事件場所はどこ?


青森県八戸市で小学6年生の女児児童が首を切られた事件で、周辺の防犯カメラの映像が証拠となり14歳の男子中学生が殺人容疑で逮捕されました。

男子児童はすでに容疑を認めており「殺す相手はだれでもよかった」とも供述しているようです。

殺人未遂を犯した14歳男子中学生の中学校や名前、顔画像Twitterを調べてまとめてみました。

被害者中学生の小学校や事件場所についても詳しく調べてみました。

とりきち
まだ14歳なのにこんな事件を犯した動機が気になる…
ぽちせん
思春期だしムシャクシャしてたんかな…にしても悲惨すぎるよ

八戸市の14歳男子中学生による殺人未遂の事件!

今回事件が起きた場所は青森県八戸市新井田西1丁目16-8。

現場は、JR八戸線小中野駅から約2キロ南、八戸市の屋内スケート場「テクノルアイスパーク八戸」付近だそう。

男子児童は12日の午後4時40分ごろ、帰宅途中だった小学6年女子児童の首を刃物で切って殺害しようとしたとされています。

切られたのは喉のあたりで、傷の深さは10cmと全治3週間ものケガを負いました。

命に別状はなかったものの、なぜこのような悲惨な事件が起きてしまったのでしょう。

殺人未遂を犯した14歳男子児童について詳しく見ていきましょう。


14歳男子児童の中学校は?名前や顔画像も

今回容疑者が未成年ということもあり、名前や顔画像は公にされておりません。

現時点で分かっていることは、

年齢:14歳

容姿:短髪、やせ型

少年の名前については調査中です。

男子児童の中学校についても報道されていません。

青森県八戸市には26校の中学校があることが分かっています。

  • 八戸市立第一中学校
  • 八戸市立第二中学校
  • 八戸市立第三中学校
  • 八戸市立長者中学校
  • 八戸市立小中野中学校
  • 八戸市立湊中学校
  • 八戸市立白銀中学校
  • 八戸市立鮫中学校
  • 八戸市立南浜中学校
  • 八戸市立根城中学校
  • 八戸市立下長中学校
  • 八戸市立是川中学校
  • 八戸市立三条中学校
  • 八戸市立明治中学校
  • 八戸市立市川中学校
  • 八戸市立豊崎中学校
  • 八戸市立大舘中学校
  • 八戸市立江陽中学校
  • 八戸市立北陵中学校
  • 八戸市立東中学校
  • 八戸市立白銀南中学校
  • 八戸市立中沢中学校
  • 八戸市立島守中学校
  • 八戸聖ウルスラ学園(私立)
  • 八戸工業大学第二高等学校附属(私立)

 

この中でも事件が起きた場所から一番近い中学校は八戸市立大舘中学校だということが分かりました。

近隣の中学校では

  • 八戸市立第一中学校
  • 八戸市立第三中学校
  • 八戸市立東中学校

下校途中だったということで、おそらくここらへんの中学校である可能性がありそうですよね!

男子児童の名前や中学校、顔写真などが公になるのも時間の問題かもしれませんね。

分かり次第すぐに追記していきます!

男子児童の学校での評判は?

事件を起こした14歳男子児童の学校での評判はどうだったのか気になったので調べてみると…

  • 「入学後、大きな問題を起こしたことはない。運動部の活動などにも積極的に取り組んでいた。」
  • 「少年はごく普通で、目立つ言動のない生徒だった。学校内でのいじめは確認されておらす、少年から悩みの相談など受けていない」

普通という言葉があっているのはわかりませんが、特に目立つことはなかった生徒だったということがわかりました。

学校内でのいじめはなかったと言っていますが、実際には本人が相談してなかっただけでいじめがあった可能性もありますし、いじめまではなくともなにかしら人間関係でトラブルを抱えていたという可能性も考えられますよね。

自分の思いを伝えることがなかなか難しい人だっていますし。

もしかしたら、誰にも相談できない悩みを一人で抱えていて、それが事件を起こす動機になったのかもしれませんね。

まぁ、これはあくまでも憶測の範囲なのでなんともいえませんが!


小学6年生女子児童の中学校は?

事件の被害者となってしまった小学6年生の女の子の中学校を調べたところ、八戸市立新井田小学校の生徒だということがわかりました

学校の帰宅途中で 一人でいるところを狙われてしまったのですが、まさか女の子もこんな事件に巻き込まれるとは思わなかったでしょう。


男子児童の犯行動機は?

14歳男子児童は警察の取り調べで

  • 誰でもよかった
  • 殺すつもりだった

と供述しています。

はじめから殺意をもって、小学生女子児童に近づき犯行したということですね。

自分よりも小さい、弱い相手を選んで犯行に及んだということは確実に殺したかったという意図があるのかもしれません。

今回犯行に使われた凶器はカッターやナイフということも本人の供述から分かっています。

カッターやナイフなどは、どこの家庭にもあるものですから家に置いてあったものを使ったのか、それとも殺人のために用意したものなのか…。

殺人をもともと計画していたとなれば、もしかしたら事件の前に事前に用意していたとも考えられますよね。

無差別事件を起こす人の心理って本当にわからないのですが、調べてみるとある共通する点があるようです。


無差別事件を起こす人の共通する心理

無差別事件を起こす人の動機で一番多いのが人間関係のもつれだということがわかりました。

だとすると14歳の男子児童もなにかしらの人間関係において悩みをかかえていたのでしょうか。

14歳と年頃の年齢でもありますし、反抗期でもありますから、家庭内の関係がうまくいっていなかった、なんて可能性もありそうですよね。

そして、無差別殺人では殺しやすい相手を選ぶのも特徴だとされています。

自分よりも弱いものを狙うことで、自分に強い反撃が来ないようにするためです。

一人でいる人、子供、女性、高齢者などですね。

今回の事件も犯人は自分よりも弱い小学生、そして女性を狙ってますから、まさにドンピシャですよね。

本当に被害者の立場を考えると、無念でなりません。

世間の反応

少年法は撤廃して欲しい。
小学生でも善悪の判断をできる能力があるし、もしそれが無いとなればそれこそ隔離が必要ということではないか?
今回のこの事件は未遂だけれど殺意はあったのだから、大人として処理するべきではないだろうか。
この程度で済んだ というのは加害者側の言い分であって、やられた側からすればたまったものではない。 同情するような状況で凶行に走らなければいけなかったわけではないから こんなやつが守られなくてもいいと個人的に感じる。 これでは被害者がやられ損みたいになってしまう。 自己承認のために相手を巻き添えにした未成年には、大人と同じ刑事罰を与えないと話にならない。
3週間のケガで済んだのは不幸中の幸いって
心のキズは一生残るかもしれないですよ。
だからこそしっかりと罰しないと
被害者があまりに可哀想ですよ。
なんの為の法律なの。
ほんとに加害者に優しい国だよな。
「誰でも良かった」といいながら、こういう人間は必ず女や子供、自分より弱い物を狙う。
屈強な成人男性や、反社会的勢力のような人に切りつけたためしがない。
その時点で「誰でも良かった」というのが嘘で、反撃されない者を選んで傷つけた卑劣極まりない人間だと思う。
そのことに無自覚なのが、一番許せない。
何の罪もない女児が早く回復されることを願っています。
日本の少年法はいい加減見直す必要があると思います。一律ではなく、矯正の見込みの度合いによって、思い罰を与えるべきです。さもないと、昔の酒鬼薔薇みたいな者が出てくるかと思います。人が亡くなってからでは遅いし、怪我の程度は軽くても、心には深い傷を負うのですから。

まとめ

14歳の男子児童の中学校や名前は少年法もあるため、公表されていません。

下校途中の事件だったことを考えると、学区内である八戸市立大舘中学校が一番怪しいかなと思いますが、また新しい情報が入ると思うのでわかり次第すぐに追記していきます。

女子児童は八戸市立新井田小学校の生徒だということはわかりました。

殺す相手は誰でもよかったと男子児童が供述していることから、今回は無差別事件だったようですが、被害者の気持ちを考えると本当に心が痛みます。

二度とこのような事件は起きてほしくないし、今後起こらないことを祈るばかりです。

ここまで読んでいただきありがとうございました


-ニュース

Copyright© ワイドパッケージ , 2019 All Rights Reserved.