ニュース

常慶雅則の家族構成や仕事は?生い立ちやツイッターやFacebook顔画像


常慶雅則の家族構成や仕事は?生い立ちやツイッターFacebook!について、調べてお伝えします!

昨年の2018年11月に、福岡県田川市で起きた事件が話題になっています。

当時1歳4か月だった三男(唯雅ちゃん)に、エアガンでBB弾を多数命中させ、けがをさせたとして、両親が逮捕されました。逮捕されたのは、常慶(じょうけい)雅則容疑者(24)と妻の常慶藍容疑者(24)です。しかし、その後、唯雅ちゃんは同年12月1日に肺炎で亡くなっています。

幼いわが子に、何度もエアガンを発射し、大けがを負わせ、その後死亡させてしまうなんて、信じられませんね。

しかも、なんと、次男も亡くなっているんだそうです・・・。

そんな父親の常慶雅則容疑者の家族構成はどうだったのでしょうか?仕事や、生い立ち、ツイッターFacebookについても調べてまとめます。

とりきち
また・・・かわいそうな事件が起きちゃったね。
はい。無残です。
ぽちせん
とりきち
しかも、亡くなったのは、2人なの?!
原因は、それぞれ違うようですが、お子さんが2人亡くなっています。
ぽちせん
とりきち
信じられないね。どんな親なんだろう。
かわいそうな子どもたちです・・・つらいです・・・。
ぽちせん

常慶雅則の家族構成は?

逮捕された当時は、容疑者の両親と長男、唯雅ちゃん、長女の5人暮らしでした。次男は、このときすでに病死していたそうです。

現在、常慶雅則の家族構成は、以下のようになっています。

・常慶雅則

・藍

・長男(4歳)

・次男(2016年死亡)

・三男(2018年死亡)

・長女(1歳)

・次女(生後3~4か月)

本来ならば、子ども5人の7人家族。

現在は、子ども3人の5人家族ですね。

計算すると、毎年のように子どもを出産していたことになります。

事件後、長男と長女は保護され、2019年7月に生まれた次女も保護されたということです。

とりきち
えーーー!!!子ども5人ーーー?!
多いですね。若くして、子だくさんですよね。
ぽちせん
とりきち
毎年子ども生んでる計算って、ものすごいことだよね?!
そうですね。なかなかできることではないと思いますよ。
ぽちせん
とりきち
子ども好きってことじゃなくて?
そうだといいんですが。生活も裕福ではなさそうですし、事件にもなっているくらいですからね。虐待が濃厚ですね。
ぽちせん
とりきち
子ども作って、産みっぱなしかあ・・・

常慶雅則の自宅は?

福岡県田川市伊加利1908-1「田川中央団地県営住宅1000棟」

県営団地だそうです。

とりきち
ここで、みんなで生活していたんだね。
にぎやかで、明るい家庭であってほしかったですね。
ぽちせん

常慶雅則の仕事は?

自営業とのことですが、一切公開がされていないので、特定していません。

土木関係という情報もあります。

仕事に関する詳しい情報はまだはいってきていませんが、低所得者層だったのではないかということが推測できます。それは、一家が暮らしていた県営団地は、世帯収入の合計が158,000円以下であることが条件となっているからです。


常慶雅則の生い立ちは?

常慶雅則容疑者は、家族で暮らしていたこの県営団地で育ったそうです。

子どものころに両親が離婚し、父親と暮らしていましたが、父親は数年前に病死しています。

妻の藍容疑者とは、10代でいっしょになったという情報もあります。

経歴については、九州共立大学出身となっています。

Facebookのプロフィールに、2013年入学で2014年卒業と記載されているので、1年での退学の可能性が高いです。

団地では、夫婦仲はよく、県営団地の会合や草取り、地元の祭りなどにも参加している様子が目撃されていますが、

一方で、近所の方の評判は、「暗い。明るい家庭じゃない」「ママとパパが子供と遊ぶ姿もない」との証言もありました。

夫婦としては、仲良しでも、父母としては成立しなかったのかもしれませんね。

常慶雅則の妻、常慶藍の生い立ちは?

旧姓:花岡藍(はなおか・あい)

生年月日:1995年3月3日

職業:無職

長男も顔が腫れていると通報を受け、児童相談所の職員が自宅に来ると、常慶藍容疑者は、「転んでけがをした」と発言しており、長男が保護されることはなかったということです。

今回の事件も、「エアガンを発砲したのは、長男」と発言していますが、県警によれば、使われたエアガンが大型のライフル型エアガンであることから、それを3歳の子どもが扱い、命中させることは不可能とみています。この一連の捜査からしてみても、常慶藍容疑者が噓をついている可能性が高いですね。

常慶雅則のエアガン傷害事件の真相は?

三男の唯雅ちゃんには、エアガンのBB弾によるあざが複数見つかっていました。

現在、関係者への取材では、すでに、4歳の長男が「パパが撃った」と説明していることが明らかになっています。

しかし、容疑者となっている両親は、いずれも「撃ったことはない」と容疑を否認しているそうです。

事件の真相は、どうなっているのでしょうか。その経緯とともにお伝えします!

17年5月16日 要保護児童対策地域協議会で一家を支援が必要な家庭と認定

7月22日 三男の常慶唯雅ちゃん誕生

18年1月19日 長男のほっぺたが腫れているとの情報を受け児相が訪問

7月25日 藍容疑者と子供たちが福岡県田川市役所を訪れる。保健師が唯雅ちゃんにあざなどがないことを目視で確認

11月下旬 雅則、藍両容疑者がエアガンでBB弾を発射し、唯雅ちゃんに3週間のけがをさせた疑い

12月1日 未明に藍容疑者が「息子が心肺停止状態」と119番、搬送先で唯雅ちゃんの全身にあざが見つかる。唯雅ちゃんは肺炎で死亡

19年11月6日 福岡県警が両容疑者を傷害容疑で逮捕

引用:https://news.infoseek.co.jp/article/mainichi_20191107k0000m040226000c

唯雅ちゃんのあざは、顔面を含めて数十か所ありました。解剖の結果からは、あざができた時期には、ばらつきがあり、数日から1週間かけてできた可能性があることが判明しています。皮下出血の状況から、近距離から撃たれたともみられています。

県警は、2人が虐待の発覚を恐れ、危篤状態に陥るまで医療機関に受診させなった可能性もあるとみています。現在、幼い長男の目撃証言の信用性をみきわめながら、エアガン発射を実行した人物の特定を進めている途中です。

田川市や児童相談所の関係機関は、何度か常慶家族と面会しているようですが、「虐待があるという認識はなく」、「支援が必要な家庭」と認定していたようです。次男が2016年6月に乳幼児突然死症候群(SIDS)で死亡したことを受けてこのように認定されたということです。職員によれば、目視では「不審に思う点はなかった」といいます。

しかし、会見で市は、「幼い命を救うことができず痛恨の極みだ」と述べています。

唯雅ちゃんはもどってきませんが、唯雅ちゃんや兄弟姉妹のためにも、県警に真相解明をがんばってもらいたいですね。


常慶雅則のツイッターFacebookは?

常慶雅則容疑者のツイッターやFacebookはどうなっているのでしょうか。

すでに、顔写真も公開されていますので特定されています。

学生のころと思われる写真や祭りに参加している写真もアップされていました。


常慶雅則のネットや世間の反応

親失格という声ばかりです。本当に、亡くなった幼い子どものことを想うと、かわいそうで・・・ママとパパの愛情がほしかったでしょうに・・・悲しいですね。悔やんでも悔やみきれませんね。

常慶雅則のまとめ

家族構成や仕事は?生い立ちやツイッターFacebook

家族構成は、本来は、子ども5人(長男、次男、三男、長女、次女)の7人家族でした。しかし、うち2人亡くなり、現在は、5人家族となっていますが、子どもたち3人は、保護されています。

仕事や生い立ちは、福岡県田川市の県営団地で育ち、九州共立大学を1年ほど通い、現在は自営業となっていますが、土木関係との情報があるものの、特定される情報はまだ今のところありませんでした。

ツイッターやFacebookもあり、祭りの様子の写真などがアップされていました。

虐待の可能性が高いと思われる今回の事件。またも、悲しい事件が起きてしまいましたね。

少子化が懸念される世の中。子どもをたくさん作ることはいいことですが、愛情をしっかり注げないのなら、それは意味のないことです。本末転倒です。

唯我ちゃんやそのほかの兄弟姉妹のためにも、真相が解明され、残された子どもたちが保護されて育っていくことを願うばかりですね。


-ニュース

Copyright© ワイドパッケージ , 2019 All Rights Reserved.