ニュース

首里城の出火原因と火災保険は?放火の犯人が自白?不謹慎YouTube動画はある?


首里城の出火原因と火災保険は?放火の犯人が自白?不謹慎YouTube動画はある?について調べてお伝えします!

10月31日早朝、恐ろしい光景がテレビに映っていました。沖縄の世界遺産首里城が火災で焼け落ちました。

ものすごい炎を上げて、燃え続け、朝の11時ころにやっと鎮火しました。

なぜ、このような大規模火災になってしまったのでしょうか。

放火でしょうか。犯人がYouTubeで自白した動画がネット上で話題になっているということですが、真相はどうなのでしょうか。

これらについて、調べてお伝えします!

とりきち
いや、すごいおどろいたね!
朝、テレビつけたら悲惨なことになっていましたね。
ぽちせん
とりきち
消火活動しても、なかなか鎮火しないし、こんな大規模火災になるなんて、いったい原因はなんだろう?
そうですね。世界遺産ですものね。全焼していますしね。悲惨です・・・
ぽちせん
とりきち
放火犯が動画で自白してるって情報があるよ!
はい。その動画、探してみましょう。
ぽちせん
とりきち
放火だとしたら、大変なことだよね。
そうですね・・・
ぽちせん

首里城の出火原因と火災保険は?

11時間にもわたり燃え続け、全焼した首里城の出火原因と修繕・復興のための火災保険に入っていたかどうかをまずは探ります!!

とりきち
それです!気になります!!

首里城の出火原因は?

首里城の出火原因は、「首里城本殿の配管の電線」から火が出たという見方が濃厚です!

首里城で起きた大規模火災の火元は、建物の「正殿」とされています。しかし、正殿は出火当時、入り口のシャッターが施錠されていたことが、警察への取材でわかっています。警察は、正殿の内部から火が出たとみて、1日から消防と合同で詳しく調べているそうです。

10月31日に起きた首里城の大規模火災は、風邪にあおられるなどして城内の建物に次々と火が移っていきました。その後、11時間燃え続け、首里城の主要な建物は、全焼となりました。

出火当時、正殿の北側に設置されたセンサーが異常を感知し、常駐の警備員が現場に駆けつけ、カギを開けて中に入ると、すでに煙が充満していたことから、警察は、正殿内部から火が出たとみているということです。

しかし、なんと火が出る1時間ほど前まで、業者がイベントの会場設営を行っていたそうなのです。警察は、電源の使用状況などの確認を進めてるということです。イベントは、10月27日から行われていた首里城祭の関係だと思われます。このイベントは、11月3日まで開催予定でしたが、現在、中止となっています。

つまり、出火原因で濃厚とされるのが、「首里城本殿の配管の電線」から火が出たという見方です!

ちなみに、日本防火技術者協会理事の鈴木弘昭氏も「電気火災」の可能性を指摘しています。

・城の防災担当が出火に気づいてから燃え広がるのが早すぎる。

・部屋や廊下など、人がいるような空間で出火したとは考えにくい。

・壁の中や天井裏ですでに燃え広がっていたのでは。

という理由から、

「電気の使い過ぎによってジュール熱が発生し、電線や電線の接続部分が熱くなって出火した可能性」が考えられるそうです。

とりきち
そこへ強風が重なって、大規模火災となったんだね・・・

放火魔による仕業の可能性や中学生の焚火目撃情報などもありますが、まず、放火という見立ては、かなり難しいと言えます。

首里城は、夜でも人による警備があります。また、出火したとされる正殿は、首里城の中央部にありますので、放火するというのはかなり難しいでしょう。

とりきち
え?!では、犯人の自白動画はどうなるの?
まあ、あわてずに、もう少し調べます。
ぽちせん

そして、中学生の焚火説ですが、地元の人が目撃したという情報があります。しかし、首里城の中には入れないとのことなので、中学生が放火したという線はなさそうです。

首里城の火災保険は?

11時間燃え続けたのち、無事に鎮火したものの、主要な建物は全焼した首里城。

一体、復興にはどれほどの費用がかかるのでしょうか。火災保険などはどうなっているのでしょうか。

再建・復興していくには、その建設費用は100億円以上かかるとの見立てが出ています。

2019年4月にフランスで発生した「ノートルダム大聖堂」の火災は、記憶に新しいですが、フランスは、国が保険に加入しており、保険会社からの大規模な寄付もありました。

日本では、1950年に放火によって金閣寺が焼失しています。その時は「国費」で復元されました。

実は、首里城、1979年から復元工事が長きにわたって行われており、ようやく2018年秋に完成したばかりでした。

この復元工事で、108億円以上の工事事業費がかかったとされているのです!

期間も費用も莫大に要する一大事業なんです。

当時と現在では、物価も違いますので、300~500億円はかかるとする見方もあるようですが、ともかく、ものすごい金額となるのは間違いないでしょう。

まだ、正式な発表はありませんので、今後の情報にも注目です!

そして、保険に加入していたかどうかも明確な発表はありません。

しかし、未加入の可能性が高いと思われます。

なぜなら、首里城クラスの保障は、金額も桁違いでしょうし、保険会社も保障するとなると、会社が潰れるリスクの方が高いからです。

では、なぜ、1950年に放火で焼失した金閣寺は、国費で再建可能だったのでしょうか。それは、「国宝」だったからです。

一方、首里城は、世界遺産であり、国宝ではありませんので、国費での再建は見込めないといってもいいでしょう。

ちなみに、復元後、金閣寺は歴史的価値を失ったことで、国宝ではなくなっています。世界遺産には登録されています。

首里城も世界遺産ですが、世界遺産となっているのは、「首里城の遺構」部分だそうです。ということは、今回焼失した「正殿」は実質的には世界遺産ではないということになりますので、日本はこれに税金を投入するという可能性は低そうです。

ですので、基本的には、寄付による復興工事と思われます。

とりきち
そうかー。きびしいねー。
そうですね。ひとまず、鎮火したものの、これからの課題は多いですね。
ぽちせん
とりきち
日本だけでなく、世界中で愛されている首里城だからなー・・・
はい。世界からも惜しむ声が聞かれています。なんとか募金などの寄付が集まることを願いたいですね。
ぽちせん

首里城火災時、消化設備は機能しなかったか?

首里城には、自動の消火設備は備え付けられていませんでした。

通常、観光名所では、防火のために、スプリンクラーが設置されているものなのですが、首里城には、そうした児童の消火設備はありませんでした。

歴史的建造物なので、設置するのは難しかったと考えられます。

しかし、このような大規模火災。いや、以前にも、首里城は火災の歴史がある建造物なのです。しかも、4度です!なんとかならなかったのか・・・と悔やまれます。

首里城が火災したのは、1453年、1660年、1709年、1945年の4度です。

そして、今回2019年で5度目となりました。


首里城火災の犯人が自白?

首里城火災の話題にのって、YouTuberも現れました!

「沖縄の首里城を燃やしたのは、僕です。」という動画を31日5時ごろに自身のチャンネルで公開した男性です。

動画では「先ほどニュース入ったと思うんですけど、沖縄の首里城が火災になったということで、それを実際やってしまったのが、僕ですね。」「本当に申し訳ないです。僕の不注意で。タバコを吸ってたんですけど、それがね近くの森に移って、それがさらに首里城に移ってみたいな感じで、大事な建造物・首里城を燃やしてしまった。」と告白しています。

続けて、「以後、本当に気をつけます。これは責任は取ろうと思ってもこれは本当に取れる問題ではないとは思いますが、これは完全に僕のせいです。死ぬまでこの罪は償っていくつもりです。大変申し訳ございませんでした」と謝罪しています。

この男性のYouTubeチャンネルには、炎上動画を多くアップされているんだそうです。

すでに動画は削除されているそうですが、動画のコメント欄は荒れに荒れたということです。

1分29秒の動画をYouTubeチャンネルに投稿した愉快犯の仕業でした。

とりきち
えーーーーー!!!
これは、ひどいですね。
ぽちせん
とりきち
そんなことある?!
こういう愉快犯もいるということですね。
ぽちせん
とりきち
もう、動画ないってね?
探してみます・・・
ぽちせん

首里城火災の不謹慎YouTube動画はある?

愉快犯による自白の不謹慎な動画は、削除されているという情報でしたが、さがしてみたら、録画していた方がいました!

不謹慎YouTube動画はこちらです▼

 

とりきち
これは・・・荒れるよね。
ぽちせん
いろんな人がいる世の中です。

首里城火災のネットや世間の反応

 

首里城火災については、やはり、本当に残念だという惜しむ声がたくさんありますね。首里城火災に便乗した不謹慎YouTube動画については、怒りと軽蔑の声がありました。


首里城の出火原因と火災保険は?放火の犯人が自白?不謹慎YouTube動画はある?についてのまとめ

首里城の出火原因は、現在も警察と消防で捜査中ですが、「首里城本殿の配管の電線」から火が出たという見方が濃厚ということでした。

火災保険については、正式な発表はないものの、未加入の可能性が高いです。

放火の犯人という自白動画をアップしたYouTuberの男性がいますが、これは犯人ではなく、愉快犯でした。

その問題の動画については、削除されていますが、録画していた人によりネットで拡散されているようです。

今回の首里城の大規模火災。日本中、世界中がショックを受けています。

地元の人はもちろんのことです。「首里城の最期の姿だぞ・・・」といって、孫をつれて出かけたおじいさんもいるくらいですからね。

悔やんでも悔やみきれないですが、早急に原因の真相を解明して、前に向かっていきたいですね。

募金などの寄付が募られたら、ぜひ、力になりましょう!!


-ニュース

Copyright© ワイドパッケージ , 2019 All Rights Reserved.