テレビ

ちびまる子ちゃんに配慮要望?視聴者の声が切実だけど世間の反応は?


アニメのちびまる子ちゃんに寄せられた配慮要望が話題になっています。

その配慮要望は、ある視聴者の声なのですが、それは現代社会の状況が分かる切実なものでした・・・。

とりきち
どんな要望があったんだろう?
昔とは違って、おじいちゃん、おばあちゃんのお財布事情が違うってことが分かるよ
ぽちせん

配慮要望の内容や、切実な内容について、ご紹介します。


ちびまる子ちゃんへの配慮要望の記事

9月28日に放送された「週刊フジテレビ批評」(フジテレビ系)で、アニメ「ちびまる子ちゃん」に対する“視聴者の声”が紹介され、話題を呼んでいる。

この日、「ちびまる子ちゃん」に意見を寄せたのは60代の女性。「まる子がねだる話があるが…」との見出しが付けられたその“視聴者の声”の内容は次の通り。

「少ない年金の小遣いに友蔵が悩んでいるのを見ていて辛い。まるちゃんはおじいちゃん思いの可愛い子だからそんなシーンは悲しくなる。できるだけ配慮してくれたら嬉しい」

これにネットでは「なるほど、こういう“ご意見”が来るのか」「孫がおじいちゃんにおねだりする、孫に甘いおじいちゃんが買ってあげる、みたいなのは昔から普通の話なのに……」「本当のまるちゃんはおじいちゃん思いじゃない定期」「話が面白くなくなっていくわけだ」「配慮ってなによ」「テレビ作る人たちは大変だなぁ」などの声が上がっている。

引用:https://article.yahoo.co.jp/detail/88faa34cded443996bb414c698680a16dbd5c52b

今の時代、少ない年金生活をしているお年寄りに、孫がおねだりするのはどうか?という声ですね。

たしかに、まる子はおじいちゃん思いの優しい女の子ですから、おねだりすると、おじいちゃんを困らせますもんね。

こういう意見がくるのも、年金で細々と暮らしているお年寄りが多くなってきた時代だからなんでしょうね。切実です・・・。

という一方で、子供はわがままだし、甘えてなんぼでしょ!?ともいえますよね。さて、世間の意見はどうなんでしょうね。


ちびまる子ちゃんのwiki風紹介

ちびまる子ちゃんは原作は、さくらももこ さんによる漫画です。

TVアニメは1990年から放送されていて、来年で放送30年になる長寿番組です!

ちなみに、サザエさんのTVアニメ放送は1969年からなので、2019年で50年になります!半世紀ですね。

このサザエさんは、世界で最も長く放送されているTVアニメ番組としてギネス世界記録に認定されています。

と、ちびまる子ちゃんの話に戻すと、主人公は「さくらももこ」です。

この主人公は原作者のさくらももこの小学生時代をイメージしたものです。

時代設定は、基本的に、1970年代となってます。よく「西城秀樹さん」とか出てきますよね。

友蔵がまる子に買ってあげれない!と言っていた「ローラースルーGOGO」は1974年に発売されています。

ちなみに、このローラースルーGOGOの開発は、本田技研工業が手掛けた本格派の子ども用おもちゃです!

そんな時代の普通の家庭の日常を描いているのが、ちびまる子ちゃんです。

まる子の声が特徴的ですが、声優さんは「TARAKO」さんです。

で、そのまる子が、おじいちゃんの友蔵に、おねだりするシーンが、今回、話題になっています。

年金ぐらしの年寄りにおねだりして困らせるのは、おじいちゃん思いのまる子としては、変だ!ということです。

コレに対して、ネットや世間では色んな意見がおきています!


ちびまる子ちゃんに配慮要望のネットの反応

ちびまる子ちゃんに配慮要望をした視聴者の声に対して、色んな声、意見があるのも事実、少し紹介しますね。


ちびまる子ちゃんに配慮要望の世間の反応

年金が少なくて困ってもかわいい孫のためなら、
なんとかしたい!という心境があるのは普通だよね。
ちびまる子ちゃんの時代設定は昔だし、今の感覚を適用してもね。
世の中、いろんな意見がありますよね。
ちびまる子ちゃんを通して、それがよく分かるとは!ありがたい
配慮してほしい気持ちは理解できますけど、
そんなこと言い出したら、アニメも映画もドラマも配慮だらけになる
子どもはわがままだからあれでいいんだよ!というのも分かるけど、
少ない年金で苦労してて、孫に何も買ってあげれないと辛い思いをしているおじいちゃん、おばあちゃんの気持ちも分かる
まあ、ちびまる子ちゃんは、アニメの世界で、現実ではないんだからね、エンタメとして見て

まとめ

ちびまる子ちゃんへの配慮要望っていったい何?と思いましたけど、お年寄りの優しい気持ちの投稿だったんですね。

安心しました!ちびまる子ちゃんに何か大問題でも起きたかと思いました。

もちろん、今回の配慮要望には、ネットや世間の声をみると、色んな意見があります。

そもそも、これを取り上げた「週刊フジテレビ批評」ってどうなの?という意見もあるくらいですからね。

ちなみに、「週刊フジテレビ批評」ってはじめて聞いた番組名なので、調べてみたら、毎週土曜日の早朝5:30~6:00に放送しています。

そらーー、知らんわ、そんな時間、まだ寝てます!笑

ちびまる子ちゃんも、サザエさんのように、長く愛される番組になったからこそ、出てくる意見でしたね。それではまた!


-テレビ

Copyright© ワイドパッケージ , 2019 All Rights Reserved.