ニュース

「トイレを譲って」カードの入手方法は?「サンキューカード」も!


「トイレを譲って」カードの入手方法は?

「トイレを譲って」のカード!と「サンキューカード」を「かながわコロン」が作成したことが話題になっています。

かながわコロンとは腸の難病である潰瘍性大腸炎の患者会です。

外出先での急な便意に悩む患者さんに使ってほしいらしく、その周囲の人への理解も呼びかけています。

潰瘍性大腸炎って知らなかった・・・
急な腹痛になって便意を自分で抑えられないんだよ
それはトイレに並ぶこと自体ムリだよね
お礼に渡すサンキューカードもあるよ
最近、○○カードって増えたもんね
日本は自己主張の苦手な人が多いからカードっていいよね

「トイレ譲ってください」のカードの記事を見てみましょう!

▼ ▼ ▼


「トイレを譲って」カードの入手方法は?の記事

腸に原因不明の炎症

「トイレを譲って頂けませんか? 病気のため、便意や尿意を自らの意思で抑えきれません。

腸の難病である潰瘍性大腸炎の患者会「かながわコロン」が、こんな文言が書かれたトイレカードを作成した。外出先での急な便意に悩む患者への普及と周囲の人への理解と協力を呼びかけている。

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に原因不明の炎症が起こり、潰瘍などができる病気で国の難病に指定されている。薬による治療で多くは症状を抑えることができるが、良くなったり悪くなったりを繰り返しやすい。症状が悪くなると、急な腹痛や便意に見舞われるため、特に外出先ではトイレが大きな悩みだという。

「トイレ譲って」潰瘍性大腸炎の患者会がカード作成 抑えきれない便意の悩みに「かながわコロン」が作成したトイレカード

患者のツイッターがきっかけ

会長の花岡隆夫さんによると、トイレカードを作成するきっかけになったのは、ある患者のツイッターでの書き込みからだ。同じ病気の悩みを持つ人たちなどから反響を呼び、会に相談が持ちかけられた。この患者の案を基に会員がアイデアを出し合うなどして完成させた。

トイレカードのデザインは、ホームページで公開。「潰瘍性大腸炎の他にクローン病、過敏性腸症候群、腸管型ベーチェット病、大腸がんなどで大腸切除した方など」にも使ってほしいとしている。

ただし、健常者の人でもおなかを壊すこともあれば、緊急にトイレを必要とする場合もあるとして、「このカードを水戸黄門の印籠のように使うのではなく、あくまでお願いベースであることをご理解いただいてお使いください」と呼びかけている。

理解と協力を呼びかけ サンキューカードも

花岡さんは、「口だけで説明するのは難しいケースもあることから、このカードを見せながら話をすることで理解と協力をお願いする一助にしてほしい」と話す。

トイレを譲ってくれた人にお礼として渡す「サンキューカード」も作成した。

問い合わせやカードの入手方法は、かながわコロンのホームページで。

7日午後1~3時には、横浜市の横浜駅西口のかながわ県民センター前で必要な人にカードを渡すイベントも予定している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00010002-yomidr-sctch

「トイレを譲って」のカードを作成した「かながわコロン」

かながわコロンは神奈川県を拠点とする潰瘍性大腸炎の患者会です。

ホームページはこちら→ http://kanagawa-colon.com/

かながわコロンの会員には近日中にトイレカードが送られる予定です。

非会員の方の請求方法はこちら


「トイレを譲って」カードの請求・入手方法

アンケートを記入して、次の方法でトイレカードを入手できます!

<トイレカードの請求方法>
返信用封筒に82円切手(10月1日以降84円)を貼り、以下の住所宛てお送りください。
但し、トイレカードおよびサンキューカード各2枚を送らせていただきます。〒174-0064
東京都板橋区中台3-27A 1309花岡方 かながわコロン

<サンキューカードのダウンロード方法>
以下のサンプルをクリックしてください。
※表面のみダウンロード可能。裏面は参考表示

「トイレカードに関してご質問のある方はホームページのお問い合わせフォームから送ってください。」

お問い合わせフォームはこちら→ http://kanagawa-colon.com/contact/


「トイレを譲って」カードの入手方法は?ネットや世間の声

  • 見た目にわかりにくい病気や怪我などは患者の方にも積極的にアピールしてほしいし、でも口に出しては言いにくい。特にこの便意ってことならなおさら。その意味でもこういうカードは良いことだと思います。
  • やばいっていう人にトイレを譲るくらいは大賛成なんだけど、このカードをトイレ内にも掲載して「このカード見たらトイレ譲って」くらいのアピールしないと効果が薄そう。
  • 余裕がある限りは譲ってあげたい。でも、健常者でもギリギリだったり時間の都合でお断りしてしまうことだってあると思う。あくまでお願い、断られても仕方ないっていうのが前提で使ってほしいな。
  • アメリカの方に聞きましたが、アメリカではこうした病気の方のための証明書のようなものがあり、それを提示してトイレを求められたら、お店などは必ずトイレを使わせてあげなければならないそうです。
  • 皆困っている人に譲ってあげたい気持ちはあるけど、かといって順番待ちしている人達も漏らす訳にもいかないので『場合による』としか。
  • そのカードを持った方がいらっしゃって、提示されたとして、その時、自分自身も緊急事態の場合、どうすればよいのかと、もちろん、自分の方が、待てるなら快くゆずりますよ。私自身もトイレは近い方なので、すごく良く分かります
  • 譲ってほしいのなら、口で説明すればいいだけ。それすらできないのなら、おむつなりの自衛をすればいいだけ。カードでお願いするくらいなら構わないけど、そのうち、「カードを見せたのに譲らない奴は悪」とか言う意見が絶対に出てくる。
  • ノロにかかったとき、我慢できない便意を初めて経験しました。立ってもいられません。家にいて発病したからまだよかったですが。外だったらと思うと怖くて、数年たってもトラウマです。
  • 非常に深刻な問題であるのは分からないでもないのだけど、健康であっても、限界便意のときにそれを見せられても、とても譲れないと思う。譲ったがゆえに漏らし、Thank youを貰ったとしても、やるせなさしかない。
  • 潰瘍性大腸炎も辛いと思いますが、胃腸炎などもありますし、便意については様々な事情を抱えてる人が多いと思います。本当に厳しい状況ならカード使用の猶予もなさそうな病気なので、やはりオムツ着用しか手はないと思います。
  • 過敏性大腸炎で治療をしていますが、カードはあくまで「話すきっかけ」としてなら使ってもいいのではと思います。健常者でも限界近くて並んでる方がいると思うのです。
  • 私も病気ではないけど急な腹痛でトイレを譲ってもらった事があるから、カードとか必要なのかな?って気はする。事情を話せば、相手も緊急事態じゃない限りトイレくらい譲ってもらえるんじゃないかなあ。
  • 引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00010002-yomidr-sctch

「トイレを譲って」カードの入手方法は?のまとめ

はじめにこの「トイレ譲ってカード」のニュースを見た時は「いいな!」と思いました。

でも、ネットや世間の反応をみると「どうかな?」という意見が非常に多かったですね。

そのひとつは、健常者もギリギリでトイレに並んでいる!ということ、あと病気の人もオムツ着用なでおの用意をするべき!という意見が多かったです。

ぽちせん
とりきちは、こういう○○カードいいな!という意見だけど・・・

こういうカードの普及をあまり良いとは思わない人もけっこう多いですね。その理由は「カードを見せたのに譲ってくれなかった!」と恨まれる可能性があるからというものでした。

電車の座席とかはすぐに譲れますけど、トイレは我慢の限界で並んでいる場合が多いので、譲りにくいというは確かにそうですよね。

でも、病気の方にとっては、トイレ譲ってカードは話をする、お願いするキッカケとして、とても良いものだと思います。まずは入手してみてください。


-ニュース

Copyright© ワイドパッケージ , 2019 All Rights Reserved.