テレビ

小泉孝太郎のKY力!KYでないと総理の息子が俳優にならないwネットの反応は?


小泉孝太郎さんのKY力が話題になっています。

常に爽やかなイメージの孝太郎さんですが、KYとは真逆で、気配りがすごくできる人のイメージがあるくらいですよね。

たぶん、今、放送されているドラマ「警視庁ゼロ係」関連のインタビューだったので、少しサービストークもあったんでしょうね。

この記事では「小泉孝太郎さんのKY力」の真相について、まとめていきます!


小泉孝太郎のKY力についてのニュース

現在放送中の、テレビ東京系ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』(毎週金曜20:00~20:54)の主演を務める俳優・小泉孝太郎。同作は2016年1月クールに第1弾が放送され、"空気は読めないが事件は読める"エリートキャリアのKY刑事・小早川冬彦(小泉)と、"男まさりで口の悪い"ベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)のコンビが人気に。異例の4シーズン目に突入した。

――『警視庁ゼロ係』のシリーズが2016年にスタートするというとき、「エリートでKYの刑事」という役をふられた心境はいかがでしたか?

僕自身は、撮影に入る前の段階では、今演じているような冬彦のキャラクターというものは全く想像していませんでした。もっと嫌味で、頭は切れるけどプライドが高くて人を見下したりしていたりして嫌われるタイプの路線を考えていたんです。でも、監督と話したところ、「原作にはそういう部分があるけれど、ドラマの冬彦は、どちらかというとみんなに愛されるキャラがいいと思ってる」とおっしゃっていて、「それなら僕も、大人だけど子供っぽいところがあって、無邪気でKYなキャラクターにシフトチェンジしますね」と言ったのを覚えています。もしも今のような冬彦じゃなかったら、シーズン4まで続いていなかったかもしれないですね。

――よくこの番組関連で、「小泉さんにもKYなところがありますか?」と聞かれていると思いますが、ご自身はどう思われますか?

毎回阿佐ヶ谷の駅前で記者会見をしていて、駅のプラットフォームにいるみなさんに「聞こえますかー?」と大声で叫んだりしたんですが、そういうところは「KYなのかな」って(笑)。松下さんからは、「孝太郎くんは冬彦みたい」って言われるので、本当にそういうところがあるんだなと、最近は思います。

――具体的にはどんなところが似てると言われたんでしょうか?

“こう”と思い込んだら、そっちに突っ走るエネルギーが、冬彦っぽいと言われました。特に、『ゼロ係』のときは、「このセリフはこういう風に言いますね」と提案することが多いので。

――そういうKYな感じは、作品の現場によっても違ったりしますか?

冬彦は協調性や社会性のないタイプですから、そのときの自分の在り方も、もしかしたらほかの現場とは違うのかもしれないですね。冬彦の衣装をつけると、そういう気持ちになりますが、右に倣えということをしないでいいので痛快でもありますよ。

――デビューされるときには、誰もが小泉さんのお父さんのことを知っている状態で、でもそのことで色眼鏡で見られるということもあったのではないでしょうか?

そこは、覚悟していました。でも、当時の自分もかなりKYだったんでしょうね。そういうKYなところがなかったら、総理大臣の息子が芸能界には入らない(笑)。そこをぱーんと突き抜けて、「自分はこれをやりたい、俳優・小泉孝太郎になりたい」と思って入ったので、想像通りでした。自分自身に「こんちくしょう」と思うような悔しさも必要でした。いまになって考えると、自分にKYなところがあってよかったなと思います。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000007-mynavin-ent

2001年に小泉孝太郎さんが俳優デビューをした時、お父さんの小泉純一郎さんは総理大臣でした。

だから、当時、すごく話題になったのを覚えています。かっこよくて爽やかでしたしね!

で、この記事を見ると、デビューするとき、「総理の息子が・・・」という色眼鏡をかけられることは想定済みだったようですね。

そして、その時にKY力を発揮!!

KYでなかったら、総理の息子が芸能界に入らないwww!と言っています。

最近は、警視庁ゼロ係の役柄である冬彦のKYなところは、孝太郎さんと似てる!と言われることもあるようですが、

警視庁ゼロ係って、2016年から毎年夏ごろに制作せれていて、もう3年目ですから、ドンドン似てくるかもですよね笑


小泉孝太郎のKY力についての関連画像!

KYな冬彦のトマト柄シャツの画像ばっかりでてくる!


小泉孝太郎のKY力のすごさ!に関するネットの反応

  • さわやかで、素敵な俳優さんだと思います!
  • 有名人の子供でも、そのことに胡座をかなことなく自分の才能を見極め努力する人はちゃんと大成するといういい見本。親の知名度だけでバラエティにでている2世芸能人は孝太郎さんを見習ってほしい。
  • 影響されずに、主役を務められ俳優になったのは本人の努力ですね!ゼロ係は重たくなく面白いです!
  • 以前バイトをしていた店にロケで来られたことがありました。自分たち下っ端のスタッフにまで、「小泉孝太郎です、本日はお世話になります、よろしくお願いします」とあいさつをしてくれて、「さすが育ちがいい人は違うわ~」と、みな感動したのを覚えています。たびたび撮影に使われる店でしたが、あんな対応をしてくれた役者さんは彼だけです。
  • 七光を感じない方ですよね。グッドワイフでの眼鏡姿もとても似合ってました!良いイメージしかない方なのでこれからも頑張って欲しい。
  • 「警視庁ゼロ係」は1から今の4までずっと見てます。冬彦と寅三コンビが面白くて大好き!!脇を固めてる俳優さん達のキャラもいいね
  • 総理の息子とか関係なく魅力がある方だと思う。昔から好きです。
  • ゼロ係で寅三先輩との絡みが大好きです。孝太郎さんのひょうひょうとしたキャラクターも好きです。41歳という事ですが若く見えるな。笑顔が爽やかだし好きな俳優さんです
  • 冬彦キャラの大ファンです。まさにはまり役! 明るく爽やかなキャラクターを演じることもできるし、嫌味たっぷりのキャラもできる。緩急使い分けることもできるし、目で演じることもできる。素晴らしい役者さんだと思います。
  • 美形男子。話し方といい内容といい、品行方正、とても素敵な人物です。
  • まじめで好青年、人を引き付ける魅力があるから総理の息子でなくても、いずれ注目されていた人だと思います。
  • 気取りがなく、爽やかな、はいゆうさんだと思います。色々、御苦労されたと 思いますが 、だからでしょうか、優しい口調、言葉の 端々に にじみでる 思いやりのある 言い回し、流石だと思います。

 


小泉孝太郎のKY力のまとめ

小泉孝太郎のKY力!というから、最初はなにかとおもいましたけど、警視庁ゼロ係の役柄である冬彦さんのKYさとからめてのインタビュー内容だったんですね。

KYでないと、総理の息子なのに俳優にならない!というのもサービストークですね。

もともと、総理の息子であろうとなかろうと、俳優になることが夢だった孝太郎さんですから、どんな境遇であれ、その道に突き進んだと思います。

41歳とは思えない若さと爽やかさ!警視庁ゼロ係もクランクアップしたようですし、これからのご活躍も楽しみです!


-テレビ

Copyright© ワイドパッケージ , 2020 All Rights Reserved.