ニュース

名古屋クレーン事故の場所【救助の動画】作業員の身元が判明!原因や管理会社は?


名古屋中区新栄でクレーン事故がおきて、作業員が挟まったと119番通報がありました。

8/16の11時10分頃、名古屋中区新栄でタワークレーンが折れて倒れてしまい男性が事故に巻き込まれました。

20歳代くらいの男性作業員がクレーンに挟まれていて、出血多量で意識不明の重体で、消防隊による懸命な救助活動が行われています!

警察、消防、テレビ局が着ていて、現場は騒然としています。

工事作業をしていた管理会社や、この事故の原因、あとは場所や画像をまとめます。また救助活動の様子も随時更新します。

(8/16 17時05分 追記)

懸命な救助活動が行われましたが、クレーンに挟まれていた男性作業員ですが、午後2時55分に死亡が確認されたと愛知県警中署が発表しました。

(8/16 22時45分 追記)

亡くなった作業員の方の身元が報道されました。名古屋市中川区横井の木村成浩さん(28)歳です。

木村さんはクレーンのアームに挟まれていましたが救助されたあとに病院に搬送されました。しかし頭蓋骨骨折などで約4時間後に死亡が確認されたとのことです。

工事を請け負う建設会社によると、クレーンは台風10号に備えて補強材が巻かれていて、木村さんは一人で補強材を外す作業をしていたとのことです。

まだ、この作業のどこで事故が起きたのか?建設会社はどこなのか?は分かっていません。

名古屋のクレーン事故で男性作業員が挟まれて死亡

16日午前11時10分ごろ、名古屋市中区新栄1丁目の集合住宅の建設工事現場で、「クレーンに人が挟まれている」と、工事関係者から名古屋市消防局に119番通報があった。消防によると、折れ曲がった大型クレーンに男性作業員の上半身が挟まり、心肺停止の状態だったが、愛知県警中署は、午後2時55分に男性の死亡が確認されたと発表した。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASM8J3WDNM8JOIPE00C.html

名古屋のクレーン事故で亡くなったのは木村成浩さん(28)

16日午前11時10分頃、名古屋市中区新栄のマンション建設現場でタワークレーンのアームが折れ、同市中川区横井、作業員木村成浩さん(28)がアームに挟まれた。木村さんは市内の病院に搬送されたが、頭蓋骨骨折などで約4時間後に死亡が確認された。愛知県警中署が事故原因を調べている。

同署や市消防局によると、クレーンは高さ約18メートルの部分でアームが損壊。木村さんはクレーンの作業台で操作中に、上半身を挟まれたとみられる。工事を請け負っている建設会社の話では、クレーンは台風10号に備えて事前に補強材が巻かれており、木村さんは事故当時、補強材を外す作業をしていたという。

現場は名古屋市営地下鉄栄駅の南東約1キロにある繁華街の一角。近くに住む大学生の男性(20)は「『ドーン』という音がした。部屋の中にいても驚くくらいの大きな音で、外に出たらクレーンが折れていた」と話した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00050160-yom-soci

 


 

(以下↓の記事は事故発生から救助活動中のものです!)


名古屋市中区の新栄のマンション建設現場でクレーンが折れて男性作業員が挟まれる!

8月16日の午前11時頃に、名古屋市中区新栄のマンション建設現場でタワークレーンが倒れる事故が発生しました。

この事故によって、20代くらいの男性作業員がクレーンの下敷きになって、出血多量、意識不明の重体です。

119番でかけつけた消防隊が懸命な救助活動をされています。男性作業員が一刻も早く救助されることを願います。

8月16日午前11時10分頃、名古屋市中区新栄のマンション建設現場で、タワークレーンのアームが折れて作業員が挟まれたと119番があった。現場に駆けつけた市消防局員が救助活動を行っているが、20歳代くらいの男性作業員が意識不明の重体という。

市消防局によると、クレーンは高さ約18メートルの部分でアームが損壊し、クレーン上にいた男性が上半身を挟まれたとみられる。工事を請け負っている建設会社の話では、クレーンは台風10号に備えて事前に補強材が巻かれており、男性は事故当時、クレーンを操作して補強材を外す作業をしていたという。

現場は名古屋市営地下鉄栄駅の南東約1・5キロにある繁華街の一角。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00050160-yom-soci


名古屋市中区新栄のクレーン事故の現場の場所はどこ?

クレーン事故現場の様子

現在、現場は騒然としています。

ツイートによると、舞鶴公園から北に向かう途中、名古屋市中区新栄二丁目付近にマスコミや人、そして少なくとも救急車2台、パトカー3台、消防車8台以上がいるとのことです。

名古屋のクレーン事故現場の場所は?

さらに冒頭に掲載したNHKのツイートの現場写真と下に載せている動画から、クレーン事故が起きた場所はこのあたり↓と思われます。

名古屋市中区新栄1丁目のマンション建設現場(グーグルマップでは駐車場)です。


名古屋市中区新栄のクレーン事故現場の動画・画像

現場は、これからマンションを建設するために、クレーンのみがある状態のようです。


引用:CBCニュース動画


名古屋のクレーン事故!建設会社は?

この画像をみると、完全にクレーンが折れているのがわかります。強風にあおられたのでしょうか!?

管理会社、マンション建設会社、クレーン会社が気になりますが、今のところ情報はありません。のちほど追記します。

たとえ事故とはいえ、現場の作業状況や安全管理体制に問題はなかったのか?詳細な検証がされることだと思います。


名古屋のクレーン事故の原因は?

今回の事故の原因は現場検証をした後の正式発表を待って確認する必要がありますが、東海テレビの報道では「操作を誤り、クレーンが落下し人が挟まれた。」とあります。

どのように操作を誤ったのか?操作を誤った人が挟まれたのか?それとも別の作業員が挟まれたのか?今のところは不明です。

16日午前11時すぎ、名古屋市中区のビルの上でクレーンが倒れ、20代の男性が下敷きになり意識不明の重体とみられています。

16日午前11時すぎ、名古屋市中区新栄1丁目のビルで、作業員から「操作を誤り、クレーンが落下し人が挟まれた。出血多量で意識がない」と警察などに通報がありました。

挟まれたのは、現場で作業をしていた20代後半の作業員の男性とみられ、意識不明の重体とみられています。

現在、消防が救出作業にあたっています。

引用:https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20190816_94214

名古屋のクレーン事故の救助の様子の動画

このツイートをみると、消防隊による懸命な救助活動の様子がわかります!投稿者はずっと動画をとって見守っていたようです!


世間・ネットの反応


まとめ

8/16に発生した名古屋のクレーン事故現場の場所や、事故の原因、救助活動の動画などをまとめました。

まだ、懸命な救助活動が行われていますし、挟まれた作業員の無事を祈ります。

それと同時に、クレーンの安全管理に問題はなかったのか?クレーンの操作の誤りとは何だったのか?

このあたりのことが分かり次第、ブログを更新します。

(8/16 17時追記)

消防による懸命な救助活動が行われましたが、クレーンに挟まれていた男性作業員ですが、午後2時55分に死亡が確認されたと愛知県警中署が発表しました。


-ニュース

Copyright© ワイドパッケージ , 2020 All Rights Reserved.