生活・お役立ち

子育ての悩み!女の子が「仲間外れ」にされた時の対処の仕方

2019年5月9日


女の子が避けては通れない
「仲良しグループ問題」は、

幼児から小学生・中学生・高校生と成長し、
大人になってからも誰もが
一度は悩んでいることだと思います。

母としては何よりも気にかかるお友達関係は
「子育ての悩み 女の子第1位」と
言ってもいいでしょう。

我が子が仲間外れにされている時、
どのように対処したらいいのか悩みますね。

まず、落ち着いて子供の話を
きちんと聞いてあげてください。

それが対処の仕方の第一歩目です。


仲間外れにされた時の対処の仕方

子供の話を聞く!相手を無視しない!
仲間外れにされても挨拶をしよう!

長女が小学3年生の時、
仲良しグループの1人から
仲間外れをされたことがあります。

私が長女に伝えたこと、
私自身が実践した

「仲間外れにされている時の対処の仕方」
をまとめてみました。

① 落ち着いて話を聞く

学校から帰ってきたら、その日の出来事をしっかり聞いてあげてください。話しかけるより、子供からどんなことがあったのか聞き出してあげてください。

② 仲間外れにされても相手の子を無視しないで挨拶する

勇気がいると思いますが、自分から元気に「おはよう」と声をかけましょう!
挨拶だけでいいんです。声をかけて普通に過ごすように伝えてください。

③ 「仲良くしなくていいよ」と伝える

本当に仲良くできる友達は、一生のうちに何人いますか?みんなと仲良くするように教えられますが、子供にも相手との相性があります。無理に仲良くしなさいと言わないであげてください。

④ 子供を追い詰めない

相手に何したの?早く行きなさい!などキツイ言葉で子供を追い詰めないであげてください。
子供が一番悩んで苦しんでいると思います。キツイ言葉は、子供の心を更に萎縮させてしまうと思います。

⑤ 授業参観を利用する

授業参観日は少し早めに行って休み時間の様子を観察してみましょう。休み時間にどのように過ごしているのか?誰と話をしているのか見てみると子供達の人間関係が見えてきます。

⑥ お友達のお母さんに様子を聞く

我が子と、仲間外れにしている子の様子をお友達のお母さんから聞いてみましょう!違う角度で我が子の事を知ることができるかもしれません。


仲間外れかな?いじめかな?

難しいことですが、
仲間外れのか?いじめなのか?
落ち着いて状況を見極めましょう!

長女が小学校3年生の時でした。

近所の仲良しグループの1人から
仲間外れをされるようなりました。

当時、長女は同学年の女の子3人と
一緒に下校し、時間のある日は

このグループ内の誰かの家で
遊ぶことが日常となっていました。

急にグループ内の1人から
「一緒に遊ばない」と言われ、

他の2人の子を連れて行ってしまうようになり
長女は泣いて帰ってきました。

その後も学校の帰りに嫌なことを言われ、
仲間外れにされ1人で
帰ってくることが続くようになりました。

その後約4カ月、長女は学校へ行く時も
トイレに籠ったまま、なかなか出てこなくなりました。

学校でもお友達と遊ぶことが
くなったのか休み時間も1人で
過ごすようになり、

担任の先生から「様子を見ています。」
と言われるような状態になってしまいました。

しかし、4カ月経ったある日、
仲間外れにしていた子と一緒に
遊ぶようになり長女に笑顔が戻りました。

仲間外れにされた原因は
何であったのか分かりませんが、
お互いに何か嫌なことを言ったのではないかな?
と考えました。

この4カ月の間、
私は学校から帰ってきた長女から、
その日の出来事を聞くように努めました。

物を隠されたり、壊されたり、
身体に危害を加えられることは無かったため、

いじめではなく、
仲間外れにされていると思いました。

子供は自分が言った事より、
相手から言われた事を親に言います。

まだまだ言葉の使い方が下手な子供です。

相手に言ってはいけない事を
言ってしまったのかもしれません。

仲間外れにされていると感じても、
いじめだと決めつけず、

落ち着いて状況を見極めてあげてくださいね。


まとめ

小学3年生であった長女も、
今春高校に入学しました。

友達付き合いが上手にできる
方ではありませんが元気に通っています。

今でも、学校から帰ると一日の
出来事をいっぱい話してくれますよ。

当時、仲間外れにした子とは、
その後中学を卒業するまで、
「ただの同級生」という仲でした。

挨拶もする、会話もする、
でも仲が良い友達ではない
「ただの同級生」です。

そんな形の人間関係が
大人になっても沢山ありませんか?

困ったことに女はいつも
グループを作りたがりますね。

親になって、ママ友付き合いに
悩んでいるお母さんも多いことでしょう。

「仲間外れ」と聞くと、
いじめなど嫌なイメージを
持ってしまうと思いますが、

大人になるまでに身に付ける対人スキルと
考えてみてはいかがでしょうか?

長女は、この出来事で友達との
接し方を学んだように思います。

子育ての悩みは
何歳になっても尽きませんが、

女の子の人間関係ほど
難しいことはありません。

親子で一緒に乗り越えてくださいね。


-生活・お役立ち

Copyright© ワイドパッケージ , 2020 All Rights Reserved.