生活・お役立ち

教師の共働き夫婦はどうしてる?時短家事のやり方3つのポイント!


共働きの悩みの一つに『時間がない』
ということが挙げられます。

ぼくも妻も教師。共働きでした。

朝早く家を出て、夜遅く帰る。
そんな中で家事をしなければならない状況です。

時間に余裕がない中でも家事をしなければならない。
いつの間にか、
ぼくと妻は、家事の時間を短くできないかと
考えるようになりました。

ぼくたちと同じように
共働きで家事をしている家庭は多いはず。

そこで今回は、
家事の時間短縮のための3つのポイントをご紹介します。
これを実践すれば、

・自由な時間ができる
・家事にイライラする回数が少なくなる
・楽しみながらできる

ようになります。

共働きでも家庭生活を
充実させることができるかもしれません。


共働き夫婦が家事の時間を減らすために大切にしていることは?

共働きの夫婦が家事の時間を減らすために大切にしていること
それは、『分担を決めすぎない』ということです。

夫婦それぞれの仕事が
毎日同じ時間に出勤・退勤ができるならば、
きちんと分担してもいいのかもしれません。

しかし、ぼくたち夫婦は出勤・退勤時間が安定しない仕事でした。
早くいかなければならない時も多かったんです。
夜遅くになってしまうこともありました。

はじめは、家事もきちんと分担しよう!と
話し合っていたのですが、
体力がもたずできない日も多々ありました。

相手がつらいけど、分担しているから・・・
と見過ごすのは夫婦生活をギクシャクさせる原因にもなりました。
気付くと、お互いがイライラしてしまうようになっていたんです。

そこでわかったこと。それが、分担を決めすぎないということ。
できる人がやるということ。

もしかしたら、「どちらかががやらなくなるのではないか?」
という意見もあるかもしれませんね。

食事中や休みの時に、お互いの仕事のスケジュールや様子を
話していたので、ある程度は理解していました。
ですから、お互いに支えることができていたと思います。

それに、
家事をしないと家はどんどん汚くなります。
生活が嫌になってしまいます。
そうならないように、相手を見ながら取り組んでいました。
どちらも忙しい時期ならば
家事なんてしている時間はありません。無理はしてはいけません。
今は、コインランドリーもコンビニもあります。

無理をしないというのも家事の時間短縮になりますから、
金銭面と相談しながら検討しても良いと思います。

分担を決めすぎないことの良さは、
自然と感謝が生まれるということです。

「やってくれてありがとう」
「休ませてくれてありがとう」
「気遣ってくれてありがとう」

そんな言葉が家庭に溢れていきます。

疲れながら、家事をすると効率が低いです。
気分が乗っていない状態で家事をすると、効率は低いです。

逆に、
妻を助けるために家事をする
力になりたいから家事をする
体力に余裕のある方が家事をする

これなら家事する効率はぐっと高まります。

共働きの家庭で家事の時間を短縮するためには
分担を決めすぎないこと。

これは、夫婦の仲を深めることにつながるだけでなく、
効率も高めることができるできるポイントなんです。


家事は「ながら」で行えば時間が上手く使えるようになる

家事の時間を減らしたい。
そう思ってぼくは色んなことを試しました。
でも効率の悪いぼくは、
なかなか一つの家事の時間を短くすることができません。

それに、元々家事は嫌いです。
家事をやる時には、いつもいやな気持ちになっていまいます。

しだいに、妻の家事量が増え、
妻がイライラすることも多くなった時期がありました。

これではいけない!
と思った時に、思いついたのが「ながら家事」でした。

ながら家事とは、
家事をしながら趣味や楽しみを一緒にする
ということです。

そうすれば、家事の時間も楽しくなるし、
やりたいこともできると思ったんです。

そこで、当時テレビの時間が極端に減っていたので
テレビを見「ながら」一緒にできる家事を探すことにしました。

それが、

1、アイロンかけ 2、洗濯物干し 3、洗濯物たたみ

でした。

掃除機もやってみました。

しかし、掃除機はかけると掃除機の音でうるさくなります。
床を見ている時間が多いので

テレビの内容が全く入ってきませんでした。
この3つがぼくの中でテレビも楽しめる家事だったのです。

ぼくは、洗濯物を干すのが家事の中でも苦手なんです。
でも、これを実践したらそのいやな気持ちになることなく、
家事をすることができました。

共働きですから、妻は料理をしている間に
ぼくは洗濯物を回し、洗濯物を干すことをやっています。
家事が二馬力となるため、
終わるのも早くなります。

それでいて、
テレビを見ているので
自由な時間がないという感覚は
しだいに少なくなっていったのです。


家事の時間短縮は順序を意識すればいい!

時間がかかる家事は早めに行う。
これがぼくの出した答えです。
ぼくは、今まで家事の順序なんて考えたことがありませんでした。

どちらかというと、
自分の気持ちで決めていました。

しかしあるとき、
順序を意識すると、
家事がスムーズに進むということに気づきました。

スムーズに進むということは、
家事の時間が効率よくなり、
自由な時間が増えていきます。

例えば、料理する。食器を洗う。洗濯する。風呂掃除をする。
という4つの家事があったとします。

この場合、時間のかかるものから取り組むのです。

ぼくは洗濯機を回している間に、
料理をし、煮込む段階まで行います。
煮込んでいる間に、調理器具を洗います。
洗濯物を取り出す前に、お風呂場が横にあるので、風呂掃除をするのです。
そして、
洗濯物を干している間にに煮込む時間も終わる。食事をすると時間が効率的に使えるようになったのです。

このような順序なら無駄がなくなります。
この最中には、テレビを見ようとせずに
一気にやってしまうといいです。
なぜなら、スイッチが切れたらなかなか動けないことが多いからです。

これはやりながら気づいたことですが、
仕事の電池がまだ少し残っている間に
家事をもう一踏ん張りと行うと、
食事後はすごく楽に過ごすことができますよ。


まとめ

共働きで家事をしていくためには、
夫婦で協力できるといいです。

そして、その3つのポイントとは

・分担しすぎない。
・ながら家事をする。
・順序を考える。

この方法で全体的に効率よく家事ができるため、
時間を短くすることができます。

夫婦で協力して家事ができたら、
夫婦愛も深まりそうですね。

家事の時間をどうやったら短くできるか。
楽にできるか。そんな夫婦の会話もまた
コミュニケーションの一つになるのかもしれません。

ぜひ、共働きの方は試してみてください。


-生活・お役立ち

Copyright© ワイドパッケージ , 2020 All Rights Reserved.