生活・お役立ち

家事を120%効率化するたった3つのアイデアとは?

2019年5月5日


一日の中で家事の時間は案外時間が取られるもの。
それを解決するポイントは
〈無駄をなくす〉こと。

物を買って整理する足し算ではなく、
今やっていることをやめるという引き算をしていくんです。

日頃の家事には、たくさんの無駄があります。

家事の無駄をなくせれば、
家事は効率化されることになります。

家事が効率化されたら、
自由な時間ができます。

1時間でも自由な時間ができたら嬉しいですよね。
この記事を読んで実践すれば
自由な時間ができるかもしれませんよ。

今回はそんな
家事を120%効率化するたった3つのアイデアとは?
をお伝えします。


家事を効率化するためには3つの無駄をなくすこと!

家事を効率化するためには、
無駄をなくすことです。

家事の無駄には、大きく3つあります。

・動きの無駄
・場所の無駄
・考えの無駄

これらを解決することは、
家事を効率化することにつながります。
それぞれを解決するアイデアを一つずつ見ていきましょう。


家事は「ついで」を意識して効率化しよう!

動きの無駄をなくすために意識したこと、それは導線でした。
以前のわたしは、
導線を意識しないで家事をしていました。

ですから、
何度も同じ通路を行ったり来たりして
時間がかかっていたんです。

運動できると思えばいいのですが、
家事の時間が長引き、休憩することなく育児へ・・・
という悪循環が続いていました。

全部が終わる夜には、
疲れ果て、ソファで寝ている状態だったんです。

そこであるとき、
このままではダメだとあることを意識し始めました。
それが、「ついで」というアイデアです。

例えば
時間のかかる洗濯物を回している時、
そのついでに、洗面所を拭き掃除。
さらにそのついでにお風呂掃除へ

キッチンへ向かうときには、
ついでに飲み物を飲むというように
その場所でついでにできることをしています。
お皿を洗うついでに、
水回りの掃除もできたらステキですよね。

わたしはこのアイデアで、
今までイライラしていた家事が楽しくできるようになりました。

「一緒にできて効率がいいな」
「これ、一緒にできるじゃん!ラッキー」

そんなプラスの言葉を使いながら
試行錯誤していくと、
家事も楽しくできるようになりますよ。


「マスキングテープ」を使ったアイデアで場所の無駄をなくせ!

二つ目は、場所の無駄です。

家事で悩み多いことに「どこに置くか」が挙げられます。
特に調理器具と食器です。

わたしは片づけが苦手で
適当に片づけていました。
だから、いざ取り出そうと思っても
どこに片づけたか分からないことがあったり、
まだある調味料を買ってきたりすることもしばしば。

そして、いつもだいたいのイメージで置いていたので、
毎回場所が変わるんです。

これを解決したとき、
たくさんの場所を使っていることに気付きました。
明らかに場所の無駄だったんです。

これを解決したのが、
マスキングテープを引き出しに貼るというアイデアです。

例えば、
食器(調理器具)を引き出しにしまう場合には、
引き出しの底にマスキングテープで区切りをつけるだけ。
転がる調理器具の場合には、
かごでもいいですし、仕切りをいれておけばいいだけです。

マスキングテープを貼るだけで、
食器はここにおけばいいんだ!と意識することになり、簡単!
それが、自分で整理することにもなっているんです。

また、マスキングテープに
食器の名前を書いて貼っておけば、
食器の置き場所を間違えることはありません。

貼り替える時も
跡が残らないので重宝しています。

ちなみに、
スリッパをそろえない人がいれば、
スリッパの縦の長さを目安に

マスキングテープを2本並行に貼れば、あら不思議。
自然とそろえるようになるんです。

わたしの家庭では、
リビングのカーペットに入る手前の床、
トイレのドアの前の床に貼っています。

子どもがいる家庭は、
玄関の靴を目安にマスキングテープを貼ると
靴をそろえるようになりますよ。

定着させたいときは
ぜひ、そろえたときに気付いて
褒めることも忘れずに。

このアイデアでわたしは
注意する言葉が極端に少なくなりました。

家事の効率化だけでなく、
楽しく生活するためのアイデアとしてオススメです。


前日にすべき家事効率化のアイデアとは?

三つ目は、考える無駄についてのアイデアを紹介します。

「今日は何からしようかなあ」
「どこから掃除しようかな」

家事をするときに考える時も多いと思います。
これも効率化できたら時間短縮につながります。
そこでオススメのアイデアは、
「前日の夜に紙に書いておく」ということです。

これですぐに家事にとりかかることができ、
効率化必須のアイデアです。

ポイントは前日なんです。
当日だと、紙に書く前までに
時間がかかることがあります。

「明日はこれをしよう!」
と紙に事前に書いておくことで起きたら
スイッチONの状態。
すぐにとりかかることができるんです。

これで家事の効率化につながります。


まとめ

3つの無駄をなくすアイデアを実践することで、
家事は効率化され自由な時間が手に入ります。

3つのアイデアとは

・「ついで」を意識すること
・マスキングテープを活用すること
・前日の夜に紙に書くこと

です。

家事を効率化することで家事そのものが楽しくなります。
ぜひ、実践してみてくださいね。


-生活・お役立ち

Copyright© ワイドパッケージ , 2020 All Rights Reserved.